夢工房 プロフィール

トップページ> 夢工房 プロフィール
大豊町 夢工房のホームページ 自由は土佐の山間から


Coffee House『夢工房』は、自分で設計して、あしかけ3年をかけて自作しました。
と言っても鉄骨は鉄工所、外壁は建材店、屋根は専門の業者にしてもらったので、自分でしたのはほとんど内装工事です。でも、設計の勉強、山からの木の切り出し、廃材集めなど含めて5年以上かかってしまいました。そして1988年3月に無事完成しCoffee House『夢工房』として現在に至ってます。
ここでは、自作した写真と説明文で簡単に紹介させてもらいます。詳しく知りたい方は直接店の方に来てもらえれば説明できると思います。
「夢工房」3階から北西の方向を撮ったやまなみです。大豊はどこから見てもこんな景色!
上の写真は、夢工房3階から北西の方向を撮った風景です。
写真の通り大豊町では何処からでも山並みの雄姿を見る事ができます。ただ、ひたすら山岳地帯です。

A この窓は、アメリカからの輸入品で木製二重ガラスです。上下窓ですが、国産品にはない上から開く機能を持っており強い雨の日も窓を開ける事のできる優れものです。 夢工房 東側外観
B このプランターの台は18-8ステンレス(スプーンなどで使用されている材質)で出来ており毎日ホースで水をかけても錆びることはありません。 近くの梶原鉄工所(大豊町内)で制作してもらいました。欲しい方は紹介します。大きさは自由です。
C この木は、「えんず」の木で近くの田んぼのあぜに生えてました春になる前に根切りをしておくと、どんな山の木でも植木に出来る事ができます。

カウンター A このカウンターは、檜の間柱を使用しました。節だらけの製品で普段は、壁の中で見えないところに使用する材料です。
B この収納棚は、3cmx3cmの檜の端切れを使用しました。最後の方の作品でなかなか良くできました。棚の中には、相棒の作ったバイクの模型があります。
C 使用済み耐火レンガで積み上げました。このレンガは普通のレンガを焼くときの窯を壊した時にできた製品です。一つ一つ色が違うのが特徴です。

8人掛けテーブル A ここのレンガは数がいるので一つのレンガを半分に割って下から積み上げています。最初は電動カッターで切っていたのですがあまりにもカッター歯がちびるので、最終的にはカッターの歯で少しの溝を掘りチスで割って効率化をはかりました。
B このテーブルは、檜の2mの材料を使用しました。流石に今となってはいい出来だと思います。
C ピアノは、買いました。中古品です。ジャズコンサートの時に使用しています。最近はほとんど、じゃまになっています。

A この丸いテーブルは1m物の材料をつなぎ合わせ、できあがった四角のテーブルをジグソウで丸く切り抜いた製品です。使用してみると意外に表面積が小さいです。 東側室内
B この壁の中には、隣町の繁藤小学校を建て替える時の廃材を使用しています。4寸柱だったので3.5寸に削り直して使用しています。
C この椅子は、檜の間柱と建築材の端切れで作ってみました。意外と高重量に耐えてくれます。シンプルデザインで気に入ってます。

西側室内 A 漫画家、徳弘正也に書いてもらった原画を飾ってます。現在は東京で活躍してますが実家は、この近所です。ちなみに徳弘正也の兄は私と同級生です。
B この壁は、漆喰で仕上げており、素人がどんなに塗ってもそれなりにいい出来ばえになりました。   
C この床は、木造の大田口小学校(大豊町内)の廊下の板を使用しています。解体の時一生懸命材料を取りに行きました。流石にいい材料を当時は使用していたのだと感心させる今日この頃です。

これが最新作の自作時計。でもかなり前の作。 建築材の端切れで作った壁掛け用の時計です。二枚の檜の板を張り合わせ丹念に糸鋸と彫刻刀で仕上げました。中にはクオーツの機械が入っており時間は正確です。時計の表のプレートは、銅板を溶かして作りました。
1万5千円〜2万円で売っていますが、今在庫は3個しかないです。欲しいと思う方は、一度見てください。   

薪ストーブ 薪ストーブです。開業以来冬は毎日このストーブを使ってます。薪は雑木、杉の木、建築材の端切れなんでも燃やしてます。一度燃え出すと石油ストーブにはない暖かさがあります。

A この洗面所は、古材とあまりの材料で作ってみました。 トイレ洗面所 C トイレの扉にはデザインをしてみました。
B 牛舎用のカランです。 D あまりの杉の柱で洗面台を作りました。



夢工房メニュー 趣味のコーナー 大豊町特産品 販売 大豊町紹介コーナー
夢工房 プロフィール フォトアルバム 海 大豊のお茶 「碁石茶」 梶ヶ森 自然公園
営業時間 メニュー スキー 無農薬 柚子酢 ゆず玉 日本一大杉
夢工房 イベント 藤原商店 たたきのタレ 吉野川 ラフティング
薪ストーブ 大豊町 写真館
大豊町へのアクセス
作者、プロフィール