福寿草の里

トップページ > 大豊町 福寿草の里
大豊町 夢工房のホームページ 自由は土佐の山間から


大豊町 棚田

大豊町の棚田

福寿草の里

福寿草 福寿草


可憐な黄色の花じゅうたんがひろがる。
雪を割って福寿草が黄色の可憐な花をのぞかせると、南大王(標高800メートル)の山里にも春が訪れます。ここは、関西では他に例のない福寿草が自生し、わずか12戸ばかりの民家が点在する小さな集落の約2ヘクタールの田畑の畦畔に5万株以上の福寿草の花じゅうたんがひろがり、遊歩道は感動の風景を堪能できる花めぐりツアーのコースにもなっています。また、遠来の客を湯茶でもてなす地元の人々の人情もあふれています。  
 花の季節には「福寿草祭り」も開催され、花を愛で、郷土芸能や撮影会、特産品の販売を楽しむ大勢の人々で賑わいます。


「福寿草祭り」
●入山料/300円
●時期/2月中旬〜3月中旬
●場所/大豊町南大王
●お問い合わせ/大豊町役場産業建設課 TEL 0887-72-0450

奥大田渓谷

紅葉狩りの秘蔵ビュー・ポイント

奥大田渓谷は吉野川の支流、奥大田川の上流部にあります。切り立った渓谷の水は澄みきり、清冽な流れの水音が耳をくすぐります。四季を通じて心地よい風が吹きわたりますが、なかでも秋の紅葉は見事!燃え立つような赤が川面に映え、樹木との二重の美しさで訪れる人々を魅了します。
 近年までは地元の人たちだけが知る秘蔵のスポットでしたが、噂が噂を呼んで年々訪れる人が増え、今ではビュー・ポイントに休憩所も設けられています。
奥大田渓谷
秋の紅葉 もみじ 新緑

旧立川番所書院

立川番所 立川御殿とも呼ばれる参勤交代の本陣
立川は延暦16年(797)に土佐国府から都に通ずる官道とされて以来、土佐の重要な山越えのルートでした。立川番所は、6代豊隆公の享保3年(1718)に藩主参勤交代の通路を海路から陸路に改めて以来、土佐路最後の藩主の宿所となり、藩主参勤交代の本陣として重要視され、岩佐口晩所、池川口番所とならんで土佐の三大番所の一つでした。参勤交代の際には本陣が置かれ、この書院が藩主の休憩場所であったことから「立川御殿」とも呼ばれています。
 土佐の山間では珍しい書院建築で桁行19.9メートル、梁間12メートル、寄棟造り一部入母屋造り茅葺きの平屋建て、間取りは上段の間、次の間等全部で9室あり、国の重要文化財に指定されています。



夢工房メニュー 趣味のコーナー 大豊町特産品 販売 大豊町紹介コーナー
夢工房 プロフィール フォトアルバム 海 大豊のお茶 「碁石茶」 梶ヶ森 自然公園
営業時間 メニュー スキー 無農薬 柚子酢 ゆず玉 日本一大杉
夢工房 イベント 藤原商店 たたきのタレ 吉野川 ラフティング
薪ストーブ 大豊町 写真館
大豊町へのアクセス
作者、プロフィール