大豊町の碁石茶・生産地から販売 

 

お茶の葉の選別作業

 

茶の葉の選別

 

茶の葉を収穫後、蒸して粗熱がとれたら手作業にて小枝などを取り除きます。

 

  • 平成14年 高知県大豊町の碁石茶(農薬不使用)通販売開始しました。
  • 平成18年度 高知県大豊町の碁石茶は「本場の本物」に認定されました。
  • 平成19年度 碁石茶 生産者組合発足しました。初代組合長小笠原章富さん
  • 平成28年〜 碁石茶組合代表に小笠原功治さんが就任
  • 本場のマーク

 

雲海高知県の大豊町には、わが国唯一の碁石茶という昔から伝わる不思議な発酵茶があります。
緑茶とは形、味とも異なり、独特の風味を持っています。製品が碁石に似ているところから「碁石茶」という名前が付けられ、今もなお、吉野川沿いの山里で受け継がれています。
左の写真は梶ヶ森からの秋の雲海ですが、この雲海の下が吉野川です。朝夕の温度差が激しく、品質のよいお茶どころでもあります。

 

このサイトの情報は碁石茶の里 大豊町から発信しています。

 

 

品質の良い碁石茶の選び方

今年も各生産者が苦労して良い碁石茶作りに励んでいます。
本来の碁石茶とは 色は茶色ではなく黒で、古くから瀬戸内などに碁石茶を納品してきました。
四国新聞、,茶がゆ(志々島など)にお茶の写真があります。

 

そして、碁石茶にとって一番大事なのは乳酸菌です。
この乳酸菌は長年使われている蔵や桶などに付着されて、自然に碁石茶の発酵を促進させます。
だから長く作っている人ほど、よい乳酸菌を持ったいい碁石茶が出来ます。

 

碁石茶の歴史と民俗 碁石茶の作り方 などはすべて小笠原さんの碁石茶 生産行程です。

 

碁石茶 生産者組合員の方には、小笠原さんの乳酸菌のついたムシロなどを提供しています。

 

今年の碁石茶の生産者 H30年夏現在

大豊町の碁石茶の生産者は、北村さん(非組合員)独自の生産方法  元組合員2人  生産不振で8生産者も4生産者に減ってしまいました。
組合長(小笠原章冨さん)が亡くなり、息子さんが後を継ぎましたが勤め人の為、生産量は減少。
(碁石茶 生産者組合員名簿、 小笠原(組合長)さん、ファーム(農業全般)、栄枝さん、上地さん、上村さん、北窪さん)

 

同じ茶の葉の原料、同じ生産工程でも各生産者の商品は若干まちまちです。
上記、組合員が作ったお茶が碁石茶組合を通して混合させて正規品として販売されています。

 

碁石茶の乾燥風景

 

碁石茶の乾燥風景、3か月間桶で漬け込んだ茶の葉を炎天下の中、自然乾燥させます。

 

碁石茶の価格

H21年に碁石茶の全国展開を図り、パッケージが統一され生産者組合を通したお茶が正規品として独占販売をし、以前の3倍の価格に統一されました。 (この価格 もはや地元では手がでない!)
組合発足前から碁石茶作りをされている方は、少量ですが安定価格で販売されているようです。

 

 

碁石茶を宣伝したTV番組

碁石茶はいろいろなテレビ、雑誌で効能、効用をとりあげられた健康茶です。全国どこにもない独特の製法をもった、数少ない発酵茶のひとつです。

 

H14年、8月 (スパスパ人間学)では便秘改善、ダイエットに効果ありと紹介されました。
H16年1月  (解決、くすりになるTV)では高血圧を改善、中性脂肪、コレステロール値を低下させる効果を紹介。
H17年 (みのもんたのおもいっきりTV)では碁石茶を使った茶粥製品を紹介されました。碁石茶には胃腸によい乳酸菌がたっぷりで,これが悪玉菌の増殖を防ぎ腸内環境を整えてくれるそうです。
H18年11月 TBS(ピンポン!)で碁石茶が紹介され、効果効能や製造工程など絶賛されました。
H19年2月 TBS(はなまるマーケット)で碁石茶から分離した乳酸菌には春のつら〜いグシュグシュを軽減する働きがあることを、最近になって専門家が指摘したんだとか。
H23年4月 日本テレビ(世界一受けたい授業) 碁石茶は便秘の改善に役立つと放映されました。
H27年4月 TV東京(主治医が見つかる診療所)で紹介  免疫力を高めるスーパー発酵食品

 

 

(碁石茶の効果を試されるなら、体質改善の為に続けての飲料をお勧めします。)

 

碁石茶の乾燥

 

碁石茶の乾燥風景

「碁石茶」 販売中  

碁石茶発送方法は下記 記載 

 

注文確認後 通常2営業日以内に碁石茶発送。支払いは商品到着後、郵便局から同封の振り込み用紙で払い込みください。
碁石茶の発送は普通郵便がお得です。または宅配で発送します。 
大量注文が生じた時は代金引き換えのみの発送となります。
TEL、FAXでの注文は 0887-72-0706 「夢工房」 留守多し

 

初めて碁石茶を購入される方には飲み方のビラを同封します。

 

碁石茶 50g

 碁石茶 50g 入荷未定 

 碁石茶 50g  2,940円   (税込み)
 生産者組合の製品ですが入荷は未定です。

数量

 50g入り、約15日分の使用量です。生産者組合5業者のお茶が混じっています。価格は独占販売の為、通常の2倍ほどです。
  地元では高すぎて買えません。贈答品などにお勧めします。

 

碁石茶 50g

 碁石茶 50g 販売中 

 碁石茶 50g  1,600円  (税込み)
 少量ですが入荷しました。アルミチャック付きラミネート袋に入っています。

数量

 50g入り、約15日分の使用量です。初めて碁石茶を試される方に・・・ど〜ぞ
 普通郵便(代金引換)がお勧めです。

 

碁石茶 100g

 碁石茶 100g 販売中

 碁石茶 100g 3000円  (税込)
 少量ですが入荷してます。アルミチャック付ラミネート袋に入っています。

数量
 100g入り、約1ヶ月分の使用量です。生産者組合発足前からの販売品です。入荷が少なく地元家庭用分のおすそ分けです。一番人気のあるおすすめ商品です。

 

碁石茶 ティーパッグ 45g

 碁石茶(ティーパッグ)販売中

 碁石茶(ティーパッグ) 45g  1,700円 (税込み)
 碁石茶の破片を集めてティーパッグに加工しています。

数量
3g入りが15袋入っています。 碁石茶の破片を小さく砕いてティーパック用に仕上げました。成分は製品と同じです。約600cc〜1000ccの沸騰したお湯に1袋を入れておくだけで手軽に抽出できます。計量しなくていいので、いつでも同じ味で楽しめます。 紐はついていません。

 

碁石茶の作り方

 

碁石茶の作り方

本来原料となるお茶は、自生茶、あるいは山茶と呼ばれる天然のものを使用していましたが、最近は栽培したもので、または収穫しない荒れた茶畑から採取しています。(もちろん無農薬) 茶の葉を蒸し、むしろの中で第一次発酵をします。この時、白くカビ付けするのですが発酵しすぎると出来上がる製品が黒くなったり、または異臭のする製品になってしまいます。
長年の経験者でもこの第一次発酵に一番気を遣うと言ってました。
そして第二次発酵ではその茶葉を桶につめて石を重ねて圧縮する、漬物を漬けるような方法です。
桶に付いている古くからの発酵菌によって自然に発酵していきます。

 

碁石茶の由来

その昔、本当は手で団子状に丸めて乾燥していました。
しかし丸めた碁石茶は中心の方がなかなか乾燥されにくいので改善をして、最近では包丁で四角に切り落とし十分に乾燥された碁石茶が出来上がっています。
黒く乾燥して膨らみを持ち、角がとれると黒い碁石のように見えるので、碁石茶と呼ばれています。と一般では説明されています。

 

碁石茶の保存方法、賞味期限

直射日光をさけ、湿気の少ない涼しい所に保管してください。
販売場所によっては1年と記入していますが、管理がよければ何年でも問題ないそうです。
以前碁石茶を作っていた人の話によると、出来た製品を3年ぐらい寝かした方がいい碁石茶になると言ってました。
とりあえず、高温多湿を避け、冷暗所にて保存をおすすめします。

 

碁石茶の購入方法

ショッピングカートから必要項目を記入して送信して下さい。
ショッピングカート利用できない場合は必要事項を お問い合わせフォーム から知らせてください。

碁石茶の送料

  • 初めての購入で合計金額が10,000円を超える場合は、入金確認後発送します。
  • 普通郵便料金 全国一律 100g=1袋210円 2袋250円 3袋500円 4袋〜8袋700円 (カートの送料で普通郵便を選択してください。)

     梱包して宅配料金の方が安くなる場合は宅配料金で発送します。(時間指定ができます)

  • 代金引換は+325円
  • 商品返品について
  •  飲み始めて口に合わなかったりする方は、3ケ月以内なら、いつでも未開封の商品に限り返品、返金に応じます。
     返送料、返金振り込み手数料はお客様負担です。

  • 注意事項
  •  できるだけ形が壊れないようにして発送したいと思いますが、乾燥品の為、多少破片ができることをご了承ください。

この下の画像は大豊町穴内1区の標高400mぐらいの場所で撮影しました。
写真で見てのとおり山岳地帯です。
このような場所で以前碁石茶は山茶をあつめ生産されていました。
山並み